大佐とアムロの父の徒然日記

食物アレルギーを持つ息子の食事。その他、趣味についての徒然日記。

ソーセージに思うこと

あるとき、大佐(次男)がいいました。

「お父さん、ホットドッグって、食べてみたい」と。

くぅー。

こういうの、言葉になりません。

お父さん、全力で解決します。(笑

 

豚  1kgぐらい

ケーシング  太さによる。材質による。

タマネギ  中1個(これも手抜きあり)

にんにく  1かけ

豆乳  半カップ

豆腐  1丁

塩  小さじ4

砂糖  小さじ4

胡椒  小さじ1

あぶら  大さじ3

 

これまたアレルギー対応です。もちろん。

肉はアレルゲンにあわせて。牛でもいいだろうし。でも大事なのは

油と水はある程度いれること。入れないと綺麗なエマルジョンになりません。

 

これが、奥深いのですわ。エマルジョンって、やつが。

温度が高いとだめ。かき混ぜているときに温度が上がるとボソボソの

ハンバーグのできそこないになるし。

水分や油が少ないと、これもうまくない。肉とのバランスを見ながら

試行錯誤ですね。

 

これもアルトベンリから。。。

 

パナソニック フードプロセッサー ホワイト MK-K48P-W

パナソニック フードプロセッサー ホワイト MK-K48P-W

 

 

昔、一人用のチョッパーとか使いましたが、さすがに4人家族となると

話にならず。かといって手作業だと、死にます。ソーセージのマゼマゼに

手作業だと温度管理はシビアだし。(手を冷やすとか死にそうになるし)

これならガーっでおわり。楽チンだわさ。

 

玉ねぎも、焦がし玉ねぎとか作っておけば良いのだろうけど、なければ

なーんと、オニオンチップを細かくしたり。

あ、アルトベンリ2つめ。。。。

 

Kalita イージーカットミル コーヒーミル EG-45

Kalita イージーカットミル コーヒーミル EG-45

 

 

これ、スパイスミルに使っています。

安いやつで十分。コショウとかオニオンチップとか、ガーっですわ。

 

ケーシングは、最近サランラップとかです。ちゃんとすれば羊なり豚なり

つかって、軽く燻すんだけど、ここは毎日の食卓がベースなので、趣味とは

離れてってかんじにすると、やっぱりこだわりは捨てる覚悟を持たないといかんです。

ってことで、サランラップとか、プレスアンドシールなんかで十分。

豚肉の場合、65度で15分くらいゆでて、急速冷却(氷水)で良く拭いて終了。

どうせ焼くし。

 

きちんとエマルジョンできていれば、それなりにプルルンします。

さらりと焦げ目をつけるくらい焼いて、自家製のバンズに乗せて。

大佐(次男)は満足している様子。なにより。