大佐とアムロの父の徒然日記

食物アレルギーを持つ息子の食事。その他、趣味についての徒然日記。

ハンバーグ

まあ、昔から子供が好きなメニューの定番ね。

ひき肉って、子供が小さいときは活躍しますわな。

 

今回はアムロ(長男)向けのもの。

 

牛肉 500g

バター 1本(100g)

胡椒

 

以上。え?バター、こんなに?

はい。一応、そうらしいです。まあ、子供相手ですので、濃い目です。

バターはおいしいヤツだと無塩だったりして、そうなると多少塩を加えたり。

大事なことは、「ひき肉は自分で作る」ってことです。はい。

 

いや、コレ、大事。子供たちが小さいときは、しっかりやっていました。

いやあ、ぜんぜん違いますって。まともな肉、たとえばサーロインなんかで

やったりすると、濃い味のハンバーグ、いっちょあり。まじで。

でもって、少なくとも2回は(できれば3回)挽くと違いが出ます。

 

 

 

2台使い倒したかなあ。モーターが焼けたし。ハンディーミキサーも

同じコメントしましたが。。。これは荒挽き、中挽き、細かいのと3枚の

ブレードがついていますが、荒挽きでよいです。そいつで3回挽くと

筋は中で絡まります。そいつは、父ちゃんのツマミになります。(笑

本当は機械を冷やしておけば、脂が溶け出さないのですが、まあ、そこは

逆に考えて、肉質から逆算して「このくらいは減らさないと」とすることも

可能だし、冷やして「脂からめ」みたいにすることもできるし。

でもバター入れるので、それなりにしないとすごい肉汁になります。

このレシピは、脂攻撃ってわけです。

 

作り方は、普通。冷たい手で、粘りが出るまで練って。

バターも練りこんで。もとは、マンハッタンの「有名なレストラン」にて

うまかったから聞いたもの、です。そのまま鵜呑みにしてやってみた。

安い肉でも、自分で作った挽肉はうまい、ということがわかったです。

 

さすがに最近は、子供たちも大きくなって、「質より量」になったので

買ってきちゃいますけどね。小さいころの「味の基準値作り」を考えるとね。

でも、このアルトベンリは、贅沢なのかな。