大佐とアムロの父の徒然日記

食物アレルギーを持つ息子の食事。その他、趣味についての徒然日記。

ブラックフライデー

なんか、笑っちゃうよね。

ここまで来ると「いっそ、アメリカの属国になれば?」と

思っちゃうのは、私だけ?

 

だってさ、ハロウイーンなんて、どうよ?

仮装しましょうって、ねえ。

まあ、もとの意味はアメリカであっても薄れちゃって、

たんなるお祭り騒ぎだけなんだけどね。

それを日本で。。。しかもさ、例えば田舎の町興し的に

「おらが村でも駅前商店街でやるべさ」みたいな。

シャッター降りたままの商店街を仮想して練り歩いて

どうしようというのかなあ。

 

と、それはハロウイーンの愚痴であって、今回はブラックフライデー

 

wiki先生によると、1961年頃、フィラデルフィアで始まって

1975年には全米に広まったとのこと。最近のことなのね、

感謝祭って、日本のお正月みたいで、2,3日前は色んな所が混み合います。

空港なんかは一年で一番混みあうとのこと。

 

あ、アメリカの話ね。実はワタクシ、アメリカ在住なので。

 

でもって、感謝祭セールの売れ残りを翌日の金曜日にやったことから、

フライデーなんだそうだ。でもって、その込具合がハンパなかったので

フィラデルフィアの交通整理のお巡りさんが「お先真っ暗」みたいな

意味でブラックって、添えたらしいっす。

 

その後、サイバーマンデーとか、いろいろ作られてはいますが。

 

大型の、たとえば家電専門店なんかでのセールは「目玉」とかあって

前日から徹夜組が出るとか、小売店でも「福袋」みたいなものがあって、

やっぱり徹夜組とか整理券配布とかあるらしい。一度行ってみたことがあるけど

まあ、ねえ、ってかんじ。わざわざ、そんなものってかんじかな。

ラップトップPCが50ドル!なんていうのもあるけど、すごい型落ちとかね。

まあ、元の発想が「売れ残りの処理」だから、これでいいんだけどね。

 

でも、それを日本にって、どうよ。

経済活動活発化、ってことではなんでもありなんだろうけど

せめて「日本式」って加工されたバレンタインデーくらいになんかやってほしかったなあ。

 

特に郊外にお住まいの方々は、量販店とかのブラックフライデー狙いで

お出かけされるんだろうか?TVコマーシャルとか見てみたいものだ。