大佐とアムロの父の徒然日記

食物アレルギーを持つ息子の食事。その他、趣味についての徒然日記。

代替食、なめたらあかんぜよ 昨今の技術力の高さに脱帽

大佐(次男)の食物アレルギー。

小さいときに「5歳くらいまでには治るよ」といわれていましたが

結局だめなものはだめでした。

いまでも「牛乳」「卵」「ナッツ類」は命の危険があるほど

ダメです。加工品や調味料として使われている場合でも

リアクションしちゃいます。そのくらい敏感です。

 

大佐(次男)が小さいころ、代替品を探しました。

でも、そのころの商品は「安全性」を重視したためか

味は二の次、三の次。美味しいものではありませんでした。

 

それが、昨今、驚くほどに。

特に、動物性たんぱく質をとらない「ベジタリアン」「ビーガン」への

マーケットを確保するため進化した商品は、旨い。

アムロ(長男)が旨いというからには、間違いないです。子供の舌は

正直ですからね。アムロ(長男)いわく、代替は胃にもたれないとか

肌にプチプチが出てこない、とのこと。まあ、そうだよね。

 

大佐の母(つまりはカミサン)は、ココナッツが好きではないので

代替のいくつかはお気に召さないらしく。試食もせず。まあ、なんてことを。

そんなこともあって、お父さんは頑張っているわけです。

 

以前もご紹介しているDAIYA食品。カナダのメーカーですが、

大塚製薬と提携したはずなので、ぜひ、日本の方にもと思っている

イチオシのメーカー。意見を出したらすぐに返事が来るなど、とっても

フレンドリーな会社です。

 

Daiya Foods. Dairy, gluten and soy free.

 

チェダーチーズが大佐(次男)のお気に入り。

スライスチーズとシュレッドチーズパックを常時購入。

お弁当に使ったり、お夕飯に使ったり。

アムロ(長男)も一緒に食べています。

近所のスーパーでも購入可能なのがポイント。

アマゾンでしか買えないってなると、やっぱり不安。

 

Follow Your Heart, Makers of Vegenaise & Non-Dairy Products

 

ここは大豆マヨネーズを。

オリジナルがベスト。他にもあるんだけど、オリジナルマヨネーズが

我が家の定番。チーズは粉っぽいかなあ。他のマヨネーズは

懲りすぎて自己主張が強すぎ。オリジナルは、アメリカの

独特なマヨネーズをしっかり再現しています。

 

アメリカにきたばかりのころ、マヨネーズだけはなじめなかった。

キューピーじゃないと!と思っていたけどやっぱり高かったから

なかなか買えなかったなあ。そのうち、アメリカのマヨネーズに

なれちゃうわけ。特にパンにはコレで十分って。まあ、

お好み焼きとかは、キューピーとかの方がいいなあと

いまでも思うけど。

 

そして牛乳の代わりには豆乳。

 

Silk Soymilk, Almondmilk and Coconutmilk: Wholesome and Delicious | Silk

 

アメリカでは大豆アレルギっ子も増えてきているようなので

少しずつ売り場面積が狭まっている気がします。

アーモンドミルクとかライスミルクが増えたかなあ。

大佐(次男)は、一応アーモンドはクリアしているんだけど

体調がイマイチのときは、反応しちゃう。怖いからアーモンドミルクは

与えていません。ライスミルクはお料理には使っています。

ごくごくと飲むのは豆乳ですね。お父さんとしては無調整の

まさに豆乳が好きなんだけど、大佐(次男)からはブーイングの嵐。

まあ、子供には可愛そうかな、と。大佐の母(つまりはカミサン)は

「これじゃあ、豆腐飲んでいるのとかわらん」とまでいいやがった。

をいをい。まあ、いいけど。ということで、基本オリジナルで、

甘くなったやつです。

 

ちょっと前まで、チーズはボソボソで味も変だったし、

マヨネーズも油だけみたいなかんじで、使えなかった。

豆乳も甘さを極端にして、何を飲んでいるのか分からないかんじだった。

アレルギっ子への理解が深まったということではなく、

ベジタリアンはじめ、世間が必要としたことで

商品開発が進んでくれた。そのおこぼれにあずかったといっても

とても助かっている。

 

そうそう。

 

http://www.wowbutter.com/

 

こんなのもあります。ピーナッツバターの大豆版。

大豆をローストして、ピーナッツみたいにして、ペーストに

したみたい。アメリカ人の懐かしのあじである

「ピーナッツバター&ジェリーサンドイッチ」なんていうものも

ピーナッツアレルギっ子が食べることが可能。

 

考えてみれば、私が渡米した当時はネットもこんなに

速くなくて、電話回線使ってキコンキコンとつないでいました。

情報を得るといっても、専門情報誌を一生懸命読むのが精一杯。

それがクリックひとつで世界中から情報収集可能になったんだもの。

すげぇーーーー、って毎日思います。

 

上記のアレルギっ子ご用達の食品は、アムロ(長男)の臨床例からも

「おいしい」ということが分かっております。アレルギーの無い

ご家庭でもご利用かのうかと。っていうか、みんなが同じものを

食べられるって、その環境がアレルギっ子にはうれしいんです。

お兄ちゃんもお父さんも、同じものを食べている。それが

小さいときの大佐(次男)には、とってもうれしかったみたい。

昨日だったか、なにかのきっかけで、大佐(次男)自身が

そんなふうに話していました。アムロ(長男)の証言のとおり、

動物性脂肪などを摂りたくない場合など、お勧めです。

もしかしたら、ご近所のスーパーで、代替食品は色々あるのかも

しれませんね。

 

ただし、アレルギっ子であれば、いうまでもありませんが、

初めての食品に対しては、十二分にご注意くださいませ。

お医者様と相談の上、テストをしてからという方法を

強くお勧めします。

 

今週はお料理ネタが無かった。。。という事実は隠しておこう。(笑

 

読者になって下さった皆様、ありがとうございます。

星を下さった皆様、ありがとうございます。

コメントを下さった皆様、ありがとうございます。

リンクして下さった皆様、ありがとうございます。

お気に入りに追加してくださった皆様、ありがとうございます。

 

でわ。

 

大佐の父