大佐とアムロの父の徒然日記

食物アレルギーを持つ息子の食事。その他、趣味についての徒然日記。

デザイン、かえました

初心者ゆえ。

諸先輩方のお知恵を拝借しながら、少しずつ。

しかし便利な時代だわさ。

グーグル先生、万歳。

こうしたいなあ、どうするんだべ?

そうしたときは、まず先生にうかがう。

ほぼ解決。

まあ、実践しなきゃいけないけどね。

なんにしてもたいていは「おお」ってかんじの結果が得られますな。

 

見やすいか、見にくいか。

 

感じ方は人それぞれだからねえ。

目にしみる色使いとかは簡便してほしいけど、かといって

シンプルすぎるのもね。味気ないし。

回転すしはカワイイけど、どうなんでしょ。

アレルギー持ちの大佐(次男)は、もちろん寿司屋にいった経験はありません。

まあ、でも、魚がOKな場合は、いけるよね。

大佐(次男)は生魚を食べたことがないから、ね。

火を入れたものでは「鮭」「鱈」「ツナ」「かつおぶし」は大丈夫だった。

「海老」「ホタテ」も大丈夫だったけど、お好きではないらしい。

別に毎日通うものではないし、生魚を食べる必要性もないから

当面はパスかなあ。でも、緊急事態であれば、寿司屋って

アレルギー持ちの子供、大佐(次男)みたいな「お米は大丈夫」という

場合は駆け込み寺になりますね。主食に対してのアレルギー持ちの場合は、

本当に大変だと思う。特に、まだ小さい子の場合は。

災害時とか、長時間の停電とか、大人は我慢できるし、

アレルギーのない子供であれば、コンビニに走れば良いけど、

大佐(次男)の場合は、そうはいかないから。

実際、冷蔵庫が壊れかけたときにカミサンが半狂乱になっていたもの。

「大佐(次男)、どうするのよ!」って。たしかに。成長して食べられるように

なったものもあるので、少しは親の気持ちにも余裕はできてきたけど、

それでも「1週間、大佐(次男)の食事がうまくいかなかったら。。。」と

考えちゃうもの。

 

ということで、アレルギーっ子をお持ちのお父さん、お母さん、

がんばりましょ。