大佐とアムロの父の徒然日記

食物アレルギーを持つ息子の食事。その他、趣味についての徒然日記。

除去食

たとえば日差しに対してのアレルギーとか

米や小麦粉などの主食系(穀物)アレルギーとかであれば

本当に大変だと思います。

花粉症だって、そうでしょ?私は、この10年でチラっとなったくらいで、

ほとんど症状らしい症状が出ません。

 

それに比べたら、食物アレルギーは我慢できるはず。

食べなければ良いわけです。もちろん、ピーナッツの粉を吸引してしまう

事故もありますから、密閉された空間、たとえば飛行機などは怖いです。

でも、毎日の生活ということでいえば、食事に気をつければ良いだけのこと。

 

アレルゲンになっているものを口に入れない。

それだけのことなんですが、はじめは迷いました。

試行錯誤でしたね。第一段階は「アレルゲンを調べること」です。

それによって使える食材が変わります。調味料ひとつでも、新しい物は

簡単に使えません。メーカーが違っても、怖い。

 

大佐(次男)が「ホットドッグっていうものを食べてみたい」とか「ピザって

食べられる?」と聞いてきたときは、そりゃあ頑張りました。研究する価値は、ありますよ。親としてはね。そりゃあ、趣味を超えたもの、ありますって。あの喜んだ顔を見たら、そう思いますって。

 

いまは代替食品が多々そろってきたので、便利になりました。それもご紹介してきますね。