大佐とアムロの父の徒然日記

食物アレルギーを持つ息子の食事。その他、趣味についての徒然日記。

クロスコンタミネーション

日本語で言う「交叉汚染」とかって訳すのかな。

原材料に入るはずのないものが、工場内のほかの製品に使っている

材料が誤って混入してしまった場合に使う言葉。

 

中規模の企業だとラインナップ上、工場内でこぼしたとかなどの「事故」で混ざってしまう場合もあるわけで。

 

だからといって、仕方がないじゃ、すまされません。

アレルギーもちの場合、それが死に直結することもありまして。

 

大佐(次男)には「原材料」のところは、必ず読むように躾けています。

いわれなくても、口に入れるものは必ずチェックすることって。

 

怖いのは「スパイス」だけしかかかれていなかったり、「調味料」みたいな

あいまいな表現だったり。ある有名メーカーに「スパイスって、何が入ってる?」と

問い合わせたら、「企業秘密」とのこと。まあ、当たり前です。アレルギー患者を語って、レシピを聞き出そうとする輩もいるそうで。

 

メーカーとしては、日夜努力されているので、ここのコレは大丈夫と思っていたら

突然レシピが変わっているとか、あるんです。水溶き卵を仕上げに塗っていたことに

気がつかず、なんてこともありました。食べる寸前で気がつきましたが。

 

こういうこともあって、大佐の父が作るんだ!と大佐の母とともに日夜努力しているわけです。っていうか、食物アレルギーの子供を持つ親は、どのおうちでも戦っているわけです。その情報源のひとつとなれば、ということで。